葉酸が不足すると先天性の疾患をまねく?

葉酸が不足すると先天性の疾患をまねく?

葉酸が不足すると、妊娠初期(4週〜12週)は、胎児の細胞分裂が盛んなので、先天性の疾患をまねく危険があります。
神経管閉鎖障害が発症する危険が高くなると言われています。
神経管閉鎖障害は、妊娠初期に起こる先天異常のひとつです。

 

二分脊椎症とは、脊髄の神経組織が脊椎の骨により覆われていないことから、神経組織に障害が生じます。

 

下肢の運動障害や排泄機能に障害がおこったり、脳が形成不全となり無脳症と呼ばれ、流産や死産の確率が高くなります。

 

神経管閉鎖障害の発症の危険を軽減する方法のひとつとして葉酸摂取が薦められています。

 

授乳期には、葉酸不足が、赤ちゃんの発育に遅れをおよぼすことも指摘されています。

 

 

この25年間で、なんと二分脊椎症の先天性異常は2倍となっているのです。

 

・出典:環境省 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)

葉酸が不足すると先天性の疾患をまねく?関連ページ

葉酸とは?
葉酸について、説明します。
葉酸不足が赤ちゃんや人に与える影響
葉酸不足が赤ちゃんや人に与える影響について、説明します。
葉酸が含まれる食品
葉酸が含まれる食品について、説明します。
葉酸サプリの比較の注意点は?
たくさんの種類の葉酸サプリがありますが、葉酸サプリを選ぶ時の葉酸サプリ比較の絶対はずせない注意点を紹介します。
葉酸サプリの副作用とは?
葉酸サプリに副作用はあるのでしょうか? 妊活や妊娠のために飲む葉酸サプリの副作用を知っておきましょう。