妊活と葉酸

妊活と葉酸

妊活を始めたら、葉酸サプリを飲むことをおすすめします。

 

細胞が新しく作り出されるのに必要な栄養素が葉酸です。

 

ですから、赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期のお母さんにとって、葉酸は必要不可欠な栄養素なのです。

 

葉酸は野菜などから摂る事が出来ます。

 

けれども葉酸は水溶性なので水に溶けやすく、熱に弱いので食品から摂取するのは難しいのです。

 

食品から、葉酸を毎日摂取することは大変なので葉酸サプリメントで補うことがよいでしょう。

 

食品以外からの葉酸を摂取することを厚生労働省も推奨しています。

 

2002年からは「母子健康手帳」にも、葉酸をとることの必要性に関する記述が盛り込まれています。

 

厚生労働省は、妊娠を計画している女性、または妊娠の可能性がある女性は神経管閉鎖障害のリスク低減のために1日400μgの葉酸摂取を推奨されています。

 

葉酸は、妊娠3 ヶ月前からの摂取が推奨されるので、母子健康手帳を貰う前から葉酸を摂取する必要があると言えます。

 

葉酸が不足すると、妊娠初期(4週〜12週)は、胎児の細胞分裂が盛んなので、先天性の疾患をまねく危険があります。
神経管閉鎖障害が発症する危険が高くなると言われています。
神経管閉鎖障害は、妊娠初期に起こる先天異常のひとつです。

 

二分脊椎症とは、脊髄の神経組織が脊椎の骨により覆われていないことから、神経組織に障害が生じます。

 

下肢の運動障害や排泄機能に障害がおこったり、脳が形成不全となり無脳症と呼ばれ、流産や死産の確率が高くなります。

 

神経管閉鎖障害の発症の危険を軽減する方法のひとつとして葉酸摂取が薦められています。

 

授乳期には、葉酸不足が、赤ちゃんの発育に遅れをおよぼすことも指摘されています。

 

 

この25年間で、なんと二分脊椎症の先天性異常は2倍となっているのです。

 

・出典:環境省 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)