葉酸

葉酸

葉酸は、ビタミンB郡の一種で、1941年にほうれん草から発見されました。
レバーやブロッコリーにも葉酸は多く含まれています。

 

葉酸は、代謝に関わりが深く、貧血予防にもなり、体の発育を促してくれます。

 

葉酸とは、細胞が新しく作り出されるのに必要な栄養素です。

 

ですから、特に赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期のお母さんにとって、葉酸は必要不可欠な栄養素なのです。

葉酸記事一覧

葉酸とは、ビタミンB群の一種で水溶性です。葉酸は、水溶性なので、体内では蓄積されにくく、毎日摂取することが必要です。細胞が新しく作り出されるのに必要な栄養素が葉酸です。ですから、赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期のお母さんにとって、葉酸は必要不可欠な栄養素なのです。葉酸は細胞の中で、動脈硬化の危険因子であるホモシステインと呼ばれるアミノ酸を、メチオニンと呼ばれるアミノ酸(血液中のコレステ...

葉酸不足が赤ちゃんに与える影響葉酸が不足すると、妊娠初期(4週〜12週)は、胎児の細胞分裂が盛んなので、先天性の疾患をまねく危険があります。神経管閉鎖障害が発症する危険が高くなると言われています。神経管閉鎖障害は、妊娠初期に起こる先天異常のひとつです。二分脊椎症とは、脊髄の神経組織が脊椎の骨により覆われていないことから、神経組織に障害が生じます。下肢の運動障害や排泄機能に障害がおこります。神経管の...

葉酸は、緑黄色野菜、ほうれん草やブロッコリーなどに多く含まれています。レバーや豆類など、から摂ることができます。しかし、葉酸は、水・熱・光に弱いため、調理で栄養を損失してしまうことが多く、ふだんからこれらの食材を食べていても、不足がちになってしまいます。厚生労働省が推奨している、妊娠を計画している女性に望ましい量は1日400μgです。ですので、妊娠を計画している女性に望ましい量は1日400μgです...

葉酸が不足すると、妊娠初期(4週〜12週)は、胎児の細胞分裂が盛んなので、先天性の疾患をまねく危険があります。神経管閉鎖障害が発症する危険が高くなると言われています。神経管閉鎖障害は、妊娠初期に起こる先天異常のひとつです。二分脊椎症とは、脊髄の神経組織が脊椎の骨により覆われていないことから、神経組織に障害が生じます。下肢の運動障害や排泄機能に障害がおこったり、脳が形成不全となり無脳症と呼ばれ、流産...

厚生労働省が推奨の葉酸400μg摂取できる厚生労働省が推奨している1日の摂取量400μgが摂取できる葉酸サプリを選ばないといけません。妊娠時の必須ビタミン・ミネラルも同時に摂取できる赤ちゃんの発育・栄養のために、妊娠期・授乳期にはビタミン・ミネラルを通常時よりも多く摂ることが推奨されます。保存料、香料、合成着色料、甘味料が無添加の葉酸サプリ無添加、天然素材の葉酸サプリを選ばないといけません。葉酸サ...

葉酸サプリに副作用はあるのでしょうか?妊活や妊娠のために飲む葉酸サプリの副作用を知っておきましょう。葉酸は水溶性のビタミンの一種です。けれども、水に溶けやすく、体内で消費出来ず残っても尿などと一緒に体外に排出されます。身体の中に溜めて置くことが出来ないので毎日摂取しないといけません。葉酸は摂取しても体外に排泄されるのですが、過剰摂取する場合、葉酸も副作用があるといわれています。葉酸サプリは、葉酸を...